劣後的破産債権【れつごてきはさんさいけん】

破産財団から、一般の破産債権に劣後して、弁済を受けることができる債権のことを、劣後的破産債権といいます。つまり、一般の破産債権全てが満額で配当を受けることができた後でのみ、弁済を受けることができる債権のことです。
実際には、一般の破産債権全てが満額で配当を受けることができることは少ないので、破産手続において、劣後的破産債権は、ほとんど配当を受けられません。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム