メニュー

ら行

連帯債務【れんたいさいむ】

2人以上の者が同一の債務を負い、それぞれがその債務の全部を履行しなければならない義務を負うことを、連帯債務といいます。
例えば、aとbがcに対して、10万円を支払う連帯債務を負っている場合、aとbは、それぞれcに10万円全額を支払わなければならない義務を負います。但し、aとbは、10万円を支払うという1つの債務を2人で負っているだけなので、aが10万円を支払った場合は、bは10万円を支払う義務はなくなります。もっとも、10万円について、bの負担すべき割合に従って、aは、bに対し、その割合の金銭を求めることが可能です。

 

関連用語:債務

関連問題:債権回収

ページ上部へ