メニュー

た行

胎児の相続権【たいじのそうぞくけん】

民法上、胎児については既に生まれたものとして相続権が認められています(886条1項)。死産または流産をしない限り、胎児も法定相続人の一人として扱われます。

 

関連用語:相続人

関連問題:相続問題

ページ上部へ