メニュー

た行

代襲相続【だいしゅうそうぞく】

代襲相続とは、相続人となるはずであった被相続人の子や兄弟姉妹が相続欠格や排除などの民法上の理由により相続できなくなった場合に、その者に代わってその子や孫が相続人となることです(民法887条2項、3項、889条1項2号、2項)。

 

関連用語:相続人

関連問題:相続問題

ページ上部へ