メニュー

遺言書作成

遺言がない場合、必ず民法の法定相続分に従って遺産分割をしなければいけませんか。

民法には、各相続人の法定相続分についての規定があり、この規定は、被相続人が遺言を残さなかった場合に遺産分割を行う際に基準となるものです。よって、必ず法定相続分に従って遺産分割協議を行わなければならないというものではありません。遺産分割協議で共同相続人全員の合意が得られれば、法定相続分と異なる遺産分割を行うことも可能です。

ページ上部へ